新築・リフォーム・増改築|新築・リフォーム・増改築を岐阜 愛知でするならRobin(ロビン)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

施工事例リフォーム

R.053 今までなかったLDKを新設!だんらんを楽しむ家 岐阜県山県市

  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
エリア
岐阜県山県市
建物種別
戸建て
築年数
40年
対象面積
約100㎡
工期
約3か月
家族構成
祖母+夫婦+子ども

personお客様のご要望

ロビンへの最初のお問合せは「キッチンの床が色あせ&フワフワしてきたので張り替えたい、それに伴ってキッチンも入れ替えたい」というご相談でした。訪問させて頂き、実際にお家を確認させていただきながらヒアリングさせて頂いたところ「家が寒い」「リビングとして使える部屋がない」「水廻りがタイルで冷たい」「洗面台がキッチンにある」など色々なお悩みができましたので、水廻りの取替えや間取り改修を含むリフォームをご提案させていただきました。

ポイント table ポイント

既存はDKとして使われていた10帖の部屋に隣接して10帖の洋室がありましたが「床がフワフワして不安であまり入らないようにしていた」と普段使われていませんでした。ご家族が集まる時間はDKでの食事の時間くらいで終わると各自の部屋に戻り、中々家族団らんの時間が取れなかったそうです。
そこでDKと洋室を仕切っていた壁を解体し、床を貼り直して隣の部屋を取り込み広いLDKをつくりました。耐震強度を考慮して抜けなかった梁や柱はダークブラウンに塗装してゆるやかに空間を区切るアクセントにしています。約20帖のゆったりした空間が生まれ家族全員でくつろげるスペースになりました。

元々キッチンに設置されていた洗面台は撤去し、土間として使われていた空間を改修して洗面・洗濯スペースを確保。今までタイル張りで「冬は特に底冷えがして寒かった」というトイレやお風呂も、それぞれ住宅設備を入替え、床・壁・天井をリフォームして快適に使えるように性能を上げました。

「壁が土壁で隙間があって寒い」というお悩みは、壁・床・天井に新しく断熱材を入れて断熱性能をアップ。改修部分のサッシはアルミ製の物からLow-E複層ガラスに取り替えました。外壁は南面以外の三面にガルバリム鋼鈑を施工し補強しています。

illust_branch illust_branch2

personゆったりと人が集えるリビング

リフォーム後に家族団らんの時間がゆったり過ごせるようになったのはもちろん、リビングはご近所さんとの交流の場所にもなっているとのこと。元々ご近所さんと仲が良く行き来も気軽だそうです。「南側の掃き出し窓からはたっぷりと光と風が入り気持ちよく過ごせています。以前はどこからともなく隙間風が入り寒かったですが、リフォーム後はとても暖かく快適です。」と住み心地をお話しいただきました。

person「要望が全部叶ってすごく満足しています!」

完成後にお施主様にお話を伺ったところ、「広いLDKは居心地がいいですしとても満足しています。こちらの要望を叶えようとしっかり対応してくれたのが特に嬉しかったです。何回も打ち合わせに付き合ってくれたり、工事中にお願いした事もすぐ対応してくれたりと本当に感謝しています。いずれは2階や玄関廻りもリフォームしたいのでその時はぜひまたお願いしたいです。」と嬉しい言葉を頂けました。ロビンにリフォームをお任せいただきありがとうございます。アフターメンテナンスも含めて、今後も末永くお付き合いさせて頂ければと思います。

Staff comment スタッフコメント Staff comment スタッフコメントStaff comment スタッフコメント

最初はキッチン部分のみのお問合せでしたが、他にもお悩みを伺いましたので様々なご提案をさせて頂き、LDKの新設を含む大規模リフォームをお任せいただきました。お施主様が一番こだわられたのがキッチンです。ご自身でショールームを訪れたり情報を集めて検討され、タカラのレミューを採用されました。背面の収納は天井の高さや幅を調整し、冷蔵庫の上まで収納が入るようになっています。また、勝手口を新設し裏にある家庭菜園との動線をつくりました。

LDKのメインカラーはキッチントップに合わせダークブラウンに。背面収納の色、建具、カウンターの色などを揃え統一感のある空間をつくりました。暗くなりすぎないようにフローリングは少し明るめのカラーを採用しています。掃き出し窓のある壁面のアクセントクロスは、ロビンの住宅コーディネーターとお施主様で相談しながら決定していきました。このアクセントクロスの柄を非常に気に入っていただき、和室から洋室に改修した部屋にも採用しています。現在はおばあさまが使われているこの部屋は、将来ご夫婦が1階に部屋を移すことも考えて収納スペースも新設しました。

「こんな家具を置こうと思っている」「これを買ったんだよ!」などインテリアのこともお話しいただき、リフォーム後の生活を大変楽しみにしていただいていました。お引き渡しの時に大変ご満足頂け、お手伝いさせていただいたロビンスタッフ一同も大変うれしく感じています!

↑トップへ戻る