リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

施工事例リフォーム

伝統的な町屋をリフォーム。明るいフレンチテイストの空間に

  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
エリア
岐阜県高山市
建物種別
戸建て
築年数
100年以上
対象面積
167㎡
工期
約6ヶ月
家族構成
母+娘

personお客様のご要望

少しずつ手は加えて住まわれていた築100年のご自宅。寒くて暗い住まいをリフォームしたくても、壁をお互いに共有している三軒長屋であること、また耐震補強をするにも外観形状は変更できないという指定区域内の条件の厳しさから、なかなか踏み切れずにいました。しかし冬の寒さも夏の暑さも厳しく、築100年という古さから地震に対する心配も解消したい、とリフォームを決意されました。

ポイント table ポイント

伝統的建造物群保存地区に建つ住宅をリフォーム。伝統的な外観を受け継ぎつつも内部は明るいフレンチテイストの空間が広がっています。間口が狭く両側に建物がぴったりと隣接しているため採光が難しい状態でしたが、中庭や2階からの光が階段を通って1階まで自然光が届くように工夫しています。入ってきた光がフロア全体に届くように壁と天井は白で統一、明るい空間となりました。LDKの床は無垢のカバザクラを使用、内部の壁はほとんどが漆喰塗り壁「Robinウォール」で仕上げられており自然素材が活きたゆったりとくつろげる家が完成しました。

illust_branch illust_branch2

person楽しんで人を招ける家に

母が人を招くことが大好きなのですが、既存の住まいはあまりにもボロボロで、とてもそんな気分にはなりませんでした。また光を取り入れる中庭はあっても、廊下や水回りで光が遮られ、室内はいつも照明を付けないと真っ暗。冬の寒さも夏の暑さも厳しい住まいでした。完成した住まいは、念願の自然素材を使い、憧れの家具もコーディネートして住み心地は格別です!リフォームが完成して、あまりの快適さにどうしてもっと早くしなかったのだろうと後悔しました。お客様もたくさん来てくれるようになって母も喜んでいます。 

person明るく暖かい室内に感動

一番長い時間を過ごすLDKは、中庭に面した場所にレイアウトしてもらいました。これまで小さかった窓も大きな掃出し窓にしたことで、自然光だけで十分な明るい空間に。さらに上からの日差しを取り入れるために、階段の境にある壁にも明かり取りを設置しています。冬を過ごしてみて驚いたのが室内の暖かさ。冬の暖房は蓄熱暖房機でじんわりと暖かく、先日外気温が0℃だった時も室温が15℃もあり心地よさに感動しました。

Staff comment スタッフコメント Staff comment スタッフコメントStaff comment スタッフコメント

伝統的建造物保存地区の規制は守りつつも、内部はご家族の生活スタイルに合わせた間取りや、自然光の取り入れ方などご提案をさせていただきました。外観は保存地区の様式に合うよう落ち着いた色合いに、内部は床や壁に無垢材を使用し、明るく優しい雰囲気に仕上がりました。

↑トップへ戻る