リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

施工事例リフォーム

家の中心には広々LDK!回遊できる動線で暮らしやすく

  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
エリア
岐阜県本巣市
建物種別
戸建て
築年数
35年以上
対象面積
119㎡
家族構成
夫婦+子ども3人

personお客様のご要望

ご実家を継がれることをきっかけにリフォームを決意されたお施主様。新しく住まわれるにあたって、寒さの解消や収納スペースの確保、今の生活スタイルにあった間取りへの変更をご希望でした。最初は何社かにリフォームの相談をされていましたが、早い段階から打ち合わせに設計スタッフが同席して詳しくお話を伺えたことで信頼して頂く事ができ、ロビンにリフォームをお任せくださいました。

ポイント table ポイント

もともと玄関・廊下がスペースを広く締めていたため必要最小限の空間にまとめ、家の中心に広くLDKのスペースを取りました。LDKの中心には間仕切を設け、来客時は生活感の出るキッチンやダイニングとスペースを分ける事ができるようにしています。仕切りは光を適度に通すアクリルパネルを採用し、普段は開けっ放しに出来るよう壁に収納できるように。
生活動線にも考慮してプランをしています。玄関からキッチンまでの動線は出来る限り短く、また、間に収納を設けて効率的に使えるよう配置しました。奥様とは収納するモノや必要数まで細かく打合せをし、無駄のない空間づくりができました。水廻りは洗面脱衣室を介して回遊できるようになっています。

Staff comment スタッフコメント Staff comment スタッフコメントStaff comment スタッフコメント

お施主様の最初のご要望は広々としたLDKでしたが、増築を繰り返してきた建物だったこともあり、構造や耐震の事を考慮に入れると、抜く事の出来ない柱や壁がどうしても出てきてしまいました。ですので、柱や壁をできる限り目立たない様に間取りに取り込むようにプランしています。その中でも1本だけ柱が独立して残ってしまいましたが、PCスペースと一体化させるような仕上げにすることで、空間の良いアクセントとなったと思います。
寒さの解消については、床・壁に断熱材を入れ直すことと、新たに設けた窓にはアルミ樹脂製のペアガラスサッシを採用。既存利用する窓には内窓を取り付けて断熱性能を上げました。

↑トップへ戻る