リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

施工事例リフォーム

築140年の古民家を住み継ぐリフォーム

  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
  • 実画像1
  • 実画像2
  • 実画像3
  • 実画像4
  • 実画像5
  • 実画像6
  • 実画像7
  • 実画像8
  • 実画像9
  • 実画像10
エリア
岐阜県高山市
建物種別
戸建て
築年数
約140年
対象面積
174㎡
工期
約5か月

personお客様のご要望

築140年の伝統的な日本家屋にお住いのお施主様。大きな玄関があり、仏間を中心として沢山の和室があり障子で細かく区切れる間取りでした。使わない部屋が多い、日中でも光が入らない部屋もあり冬の寒さがつらい、といったお悩みがありました。他社には取り壊して建て替えもすすめられましたが「このまま住み継いでいきたい」とロビンにリフォームのご相談をいただきました。

ポイント table ポイント

140年の間に何回か増改築を繰り返してきたお施主様宅は、一時期は10人ほどの大所帯で暮らしていたこともあったそうです。そのため現在使われていない部屋も多く、間取りも今の生活スタイルにあっていませんでした。「この家を住み継いでいきたい」というお施主様の想いを考慮し、建築当初の形状に戻すことを前提にプランを提案させていただきました。

Staff comment スタッフコメント Staff comment スタッフコメントStaff comment スタッフコメント

歴史と趣のある佇まいを活かすべく玄関や和室をはじめ、既存躯体や仕上げの状態を確認しながら極力利用するように配慮をして計画しました。大きな土間と立派な梁がある玄関と廊下を軸にして左側に水廻りとLDKを、西に個室を設けることでプライベート空間と生活動線を整理しました。今まで使用していなかった和室をLDKとし、南側の大きな掃き出し窓から庭や池が望めるように計画しています。古民家で多く見られる急勾配の直階段は段数を2段増やして廻り階段に架け替えました。

LDKと水廻りは特に断熱性能を考慮して、内外壁の断熱施工を行うと共に、防湿フィルム+断熱施工をすることで温熱性能と耐久性を高めています。また、LDKの壁は漆喰仕上げ、床は無垢材を使用し建物の歴史に沿う風合いで仕上げました。

お施主様からは「外が暑い日でも中に入れば涼しくて快適に暮らせています。ご先祖から受け継いだ家にまだまだ住み続けられて本当に良かった」と嬉しいお言葉をいただいています。

↑トップへ戻る