リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

STAFF Blog

2017/02/27

床下の冷え対策

現在工事中のN邸

genkan

玄関にアクセント

  右はニッチ

  左はガラスブロックを埋込みます。

 

N様からリフォームのご相談を頂いた時、

全体の断熱、間取りの変更などの話の中で、

和室がものすごく寒いとおっしゃっていました。

計画もまとまり解体が始まると、

なんと和室の床下にはたくさんのトランプやカードが

実は、お子様達が床の隙間から落として遊んだものだとか・・・

結構厚みのあるものもあり隙間の大きさを実感しました

床下は外気が通り抜ける場所ですから、

ずっと窓を開けて過ごしていた様な状態だったんです

今回は外壁材の張替と共に壁の断熱強化、

内窓で窓の断熱を強化、

床下には泡状の断熱材を吹き付けることにしました。

床材や下地材そのまま使用する箇所があるあっても、

下から吹き付けるので床下収納庫などから入って、

殆ど全ての部屋の床下に施工できます。

seizouki

こんなコンパクトな機械から送り出されます。

発泡した泡状の断熱材が固まり冷気やすきま風も防ぎます

周りにしっかりくっついて固まるので、

施工する職人さんは大変です。

kawa

現場にあった職人さんの抜け殻です

全身しっかりと覆って狭い床下で作業してくれていました。

きっと来年の冬は暖かく過ごして頂けると思います。

 

↑トップへ戻る