リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

STAFF Blog

2013/12/29

2013年 仕事納め

今日は12月29日。弊社仕事納めはそれぞれの部署、店によって違いますが、私は本日で仕事納めです。
誰もいない本社にて業務をしています。
Robinの蜘手です。
皆様には今年1年、大変お世話になりました。スタッフのみんなも本当によく頑張ってくれました。消費税増税の影響などもあり現場管理や職人さん管理、手配など従来ではなかった局面の苦労もありました。これから続く傾向だと思いますがひとまずここでリセットをし、また来年に生かしていきます。
さて今年、皆様にとってどのような1年でしたでしょうか。私は明らかにブログの滞りが長くなってしまいました、、、。情報発信をする大切さや重要性は増しています。来年はコンスタントに提供していかなくてはいけませんね。
週に1本書き上げているクモデコラムは書籍になることになりました。正月明けには2冊同時にリリースされる予定です。
その前書きを掲載します。
はじめに
 2011年3月11日。私たち日本人は「さっきいた場所」とは何かすらわからなくなる位の現実を目の当たりにしました。
厳しすぎる自然の摂理に心に深い傷を負いました。遠く被害のない地域に暮らしていることや何気ない日常であることに罪悪感を覚え心を痛めました。
私のみならず多くの方が人生の意味について深く考えるきっかけになったことだろうと思います。
 「この世は諸行無常であり、儚いものである」
 私たちが住み、生きているこの有限の世界。命あるものいつかは絶え、形あるものいつかはその形を変えます。
私たちは明日は必ずやってくるのだと想定した今日を生き、何の迷いもなく明日の夢を見ます。いつ何があるか起こるかわからない。一瞬にして目の前の全てが変わってしまうことなどつい忘れてしまいます。
しかし現実はそのような確証が何もない世の中に生きているのです。
経営者として、また1人の大人として例えそれが零細企業であっても愚図な下衆であっても何かを残さなくてはいけない。そんな強い思いに駆られました。
「蜘手は何をしようとしていたのか?何を見ていたのか?」を残すことができればと考えました。例え我が社がその形を変え社員が離散することになっても、文字を残せば永遠となる。そう考えました。
このコラムは元々は弊社社員向けへのメッセージでした。週に1本。年間56本を書きました。私が主催する経営者勉強会「ジャックグループ」のメンバーにもメルマガとして配信もしました。
「書籍化したらいかがですか」と声を掛けて頂くことも多かったのですが、あまりに私的な観点で、読み返すと稚拙な表現も多く、尚かつ浅学で講じている部分もあり一般的に公開するのはどうかと常々感じていました。
しかし本数が重なるにつれそのどれもその時事に考え思ったことでありそれはそれで意味があるのかもしれないと思うようになり、担当者の薦めもあっての書籍化となったのです。
1冊が1年分となっています。つたない文章力に私自身、嫌気がさすこともあります。非力さゆえに矛盾点もあるかもしれませんが、広い心でご容赦頂ける幸いです。
 株式会社ロビン 代表取締役 蜘手健介
(2011年4月から2012年3月までの56本を収録しています)
以上、ここまで。
皆様にとって2014年も素晴らしい年でありますように。よいお年をお迎えください

↑トップへ戻る