リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

STAFF Blog

2013/02/20

雪vs屋根

こんにちは。ロビン河田です。

あと1週間で3月ですが、春がすぐそこまで。。。にはるか遠く高山は冬真っ只中です
今朝の最低気温は-13.2℃
今季最低を記録したそうです

先週長期休暇利用させていただき更に寒い北海道へ行って参りました
食いだおれ&動物園ツアーで満喫しました。

画像 051画像 046

画像 092画像 109

どこに行っても雪、雪、雪。
旅行期間中は天候に恵まれましたが、
雪には慣れている私でも面食らうほど積もっている場所もありました。
最高気温も氷点下で寒さもしっかり堪能しました

IMG_2469DSCN3150

IMG_2617DSCN3109

歩いたり電車やバスに乗ったり、移動がとても多かったのですが、街並みを眺めていると、窓は比較的新しい住宅は樹脂製サッシ、Low-E複層ガラスを使っているのがいたるところで見られました。(Robinでも北海道地方での省エネ4等級をクリアできる木製、樹脂製サッシLow-E複層ガラスをご提案させていただいております。)

さすが北海道!と思いながら更に見ていると、すこし違和感を覚えました。
屋根が無落雪屋根(雪を落とさない前提で平らな屋根)が多く、勾配がある屋根でも樋がない建物ばかり。
耳にはしておりましたが、実際に見ると町全体の雰囲気も違います。
樋がない分軒の出は?というと、雪の重みを考慮してか長くても40~50cm程度でした。
高山は樋がない建物の方が圧倒的に少ないので、豪雪地域になるとさらに雪とともに暮らす知恵を感じました。

住まう地域の環境に合った住宅のしつらえを大切にしていきたいなと思いました。

 

+++お知らせ+++

2月の23、24日(土・日)の2日間、

高山市のマウントエースさんにて

展示会を行います。

来場特典などありますので是非おこしください。

詳細、お問い合わせは 0120-157-127 まで。

↑トップへ戻る