リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

STAFF Blog

2013/08/26

行き着いた水平線で見える景色

「この仕事について」というような息子の夏休みの宿題がありましたが「男のロマン」と言ったら、「は??」という顔をしていました。やり直しを命じられました。
Robinの蜘手です。
Jackグループ会員向けに発行しているクモデコラムを掲載します。
「考えてから行動するタイプ」と「行動してから考えるタイプ」がある。やってみなくてはわからない、あれこれ考えても仕方がないから行動から先に始めようという人。しっかりと考えて道筋を作り行動。そしてその結果を検証するというタイプ。私はどちらかというと後者であるがそれぞれ良い面、悪い面があるだろう。私のように考えて行動を起こすタイプは考えすぎるばかりに行動に思い切りがなくなるケースがある。その結果、利益に至る前に撤収をしたりとつい慎重になることもある。行動を先に起こすタイプはあれこれ考えないから当たるとデカい。しかし行動が先に来るのでリスクも大きくなる。
どちらがよいとは一概に言えないが、行動タイプの人間にあれこれ考えさせるのは精神的に追い詰める結果になるだろうし、考えて行動するタイプに人間に「頭ごなしの命令」を下しても理解度が乏しいから言い訳がましくなる。部下に指導をする場合、そのタイプを見極めるべきだ。
「部下は体育会系がいい」というケース。この場合は行動タイプを求めているのだろう。あれこれ考えず与えられた目標や仕事をバリバリとこなす人間。そんなイメージだろうか
最近、企業の成長戦略についてあれこれ考えることが多い。成長戦略とは売上拡大、規模拡大という意味である。成長戦略の対義の意味として私がもう1つ軸を選ぶとしたら安定戦略ということになろう。成長戦略とは積極的に採用し店舗出店をしマーケットのシェアを横展開で広げていく方法が一般的である。若手社員の即戦力化、マネージャーの早期自立化などが課題となる。人の問題について中途採用者、経験者が積極的に入社をする企業であればコストはかかるが回転は早くなるだろう。しかしそうは問屋が下ろさない。中途採用は不安定であるから同時に新卒採用は避けて通ることはできない。よって成長戦略を取る場合、新人社員の早期自立化についてが重要課題になる。
安定戦略は何も売上を増大させないということではない。安定されることで得られる増大もある。
成長戦略が投資をし成長をさせる時期なら安定戦略はその実を回収するという時期だろうか。採用や出店をストップさせることもその方法であろう。社内を熟成させること、品質に向けることで技術力のアップをする。また成長戦略時に必要だったキャッシュの蓄えもここでするということになる。
安定戦略の典型的な例は「工事待ち」である。工事量を一定にし受注をし、どんどん予約を積み上げていく。成長戦略では積極的に完工することで業績を一気に伸ばす方法を取るが、安定戦略では来期、再来期の売上が確定してゆくことになるから安定収入が見込める。行列の並ぶという表現はピッタリであろう。品質のコントロールも可能になる。
何も成長戦略、安定戦略と分けることもないだろう。同時にやればいい。1拠点多角化企業では1つの事業が安定しこれから収益化するタイミングで次の成長戦略を打ってゆく。安定戦略で1軸を確保しながら2軸目を作ってゆく。そうすることで社内を活性化しながら成長カーブを描く。単拠点多角化の場合はそんな方法が取れるだろう。
しかし成長戦略を取る場合「先に考えるタイプ」である私はついつい「その先はどうすんの?」と考えてしまう。今Robin社も成長戦略を描き活動を活発化している。その理由をどこに取るか?成長をし続けてそこに何があるのか?色々と考えてみた。事業への思い、顧客への思い。そして社員への思い。しかしこうやってリスクを取って成長をしようと思う一番の源泉。それは何だろうか?
成長し続ける理由。
それは「ロマンだから」という答えは相応しくはないだろうか
企業経営者が坂本龍馬や水滸伝、歴史物に興味を持ち人一倍、ヒーロー者に憧れるのも男のロマンである。私は坂本龍馬にはなれない。しかし蜘手健介としてのロマンは追い求めることができる。どちらにせよ全てに理由などを付けることは不可能だ。
水たまりを避けて通れない時もある。生きるには覚悟がいるように企業経営に覚悟がいる。リスクを背負って生きる理由。そこにロマンがあるからに他ならない。時にはあれこれ考えず、突っ走ってみる。そんな生き方も時には必要ではないか。
行き着いた水平線で見える、そのまた向こうの水平線の景色。見えるものは何だろうか。進んでみたい

↑トップへ戻る