リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

instagram instagram pinterest facebook line youtube

お客様の声注文住宅

H27年3月8日 「オイワケの家」暮らしの見学会

戸建て

■Robinを選んだ理由はなんですか?

自然素材と断熱材を重視しました。
Robinを知る前、断熱材についてインターネットで調べていたところセルロースファイバーを知りました。
性能の良さなどから断熱材はセルロースファイバーを使いたいと思っており、
扱っている会社を探したところ、Robinを見つけました。

■気に入っているところはどこですか?

キッチンカウンター前の黒板はとても気に入っています。
この黒板を使って結婚式のお祝いの映像を撮影したいと友人が言ってきてくれたりして、周りにも好評です。
また、マグネット板にもなっているので、大事なチラシを張り出しておけるので便利です。

■ここはこうすれば良かったことはありますか?

シューズクローゼットを土間にしておけばよかったなと思っています。
あと、服をかける場所ももう少し多くとればよかったなと思います。
計画時は、旦那さんがスーツは寝室に持っていくと言っていたのですが、 今では帰ってきてすぐシューズクローゼットにしまってある普段着に着替え、脱いだスーツはシューズクローゼットにしまっています。
予想以上に便利でした!

■床についてはどうですか?

無垢パインの床は、多少凹んでも濡れたタオルを置いておけばある程度戻るところは良いなと思います。
あと木の暖かさと柔らかさをとても感じます。
和室の床の間に縁甲板を使っているのですが、そこで子供が転ぶと凄く痛がるのに、パインの床で頭をぶつけても泣かなかったのには驚きました。
キッチンのタイルは冬冷たいので、スリッパは必要になります。

■収納についてはどうですか?

満足しています。シューズクローゼットに靴以外のものがしまえていますし、和室の床下収納も広いので色々なものが入ります。

■住み心地はいかがでしょうか?

やはり吹抜けの影響もあってか夏は1階が涼しくて、冬は2階が暖かいです。
ですが、だからといって1階が凄く寒いとは思いません。
湿気が気になったことは無いです。

■冷暖房について

普段はリビングにあるエアコンを朝と夜使用しています。
朝は1時間くらいで部屋が暖まるので昼間はつけていません。夜は16~17時くらいから寝るまでの間つけています。
キッチンが寒いときはガスファンヒーターを使うこともあります。

■電気代は?

冬の電気代は¥5,000~6,000、ガス代は¥8,000くらいです。合わせても¥15,000行かないです。
夏は電気とガス代合わせて¥10,000超えません。
春や秋のエアコンを使わない時期の電気代は¥3,000~4,000です。

■薪ストーブについて

暖かさはどの程度で感じますか?
1時間もあれば部屋は暖かくなります。
臭いは気になりますか?
バルコニーに洗濯物を干すと服に少し臭いがつくことがありますが、部屋にいるときは感じません。
メンテナンスには何をしていますか?
ストーブのガラス窓を拭いたりしています。
灰は下に受け皿があるので、処理は簡単です。
受け皿を出し入れした時に少し散らばるくらいなので汚れは気になりません。
■対面式キッチンで吊戸棚をつけてしまうとキッチンに居る時の孤独感は感じますか?

リビングにいる人の顔は見えますし、人の気配もわかるので孤独感は感じません。
また、吊戸棚はつけてよかったと思っています。沢山収納できますし、昇降式なので使いにくさもありません。

↑トップへ戻る