TOP > 人を知る

人を知る

たった一言で胸が熱くなる。誰かの役に立つ仕事

岐阜支店 住宅アドバイザー
金森恵里佳

たった一言で胸が熱くなる。誰かの役に立つ仕事

自分の仕事が誰かの役に立っている、誰かの笑顔に繫がっている、そう感じられることが私の「仕事」への大きなモチベーションです。

自分が提案させて頂いたリフォームでお客様が快適に暮らせるという事は「自分の仕事が誰かの幸せに繫がっている」と強く感じられます。仕事は楽なことばかりではありませんが、お客様から「ありがとう」と言われる瞬間は胸が熱くなり、これまでのがんばりが報われたように感じる嬉しい瞬間です!

お客様との関係性を築くために、仕事じゃない話を

お客様との関係性を築くのって、工事を含めた仕事の話だけじゃなかったりするんですよね。雑談というか、何気ない会話を通じてお客様と仲良くなれたりもして。
お客様のお話から少しづつ出てくるキーワードを拾ってお悩みが解決できるようにじっくり聞く側に回ります。

とは言っても、信頼してもらえるための知識や、安心してもらえるための細やかな気配りも欠かせません。中身で勝負しつつ、「金森さんに任せてよかった!」と言ってもらえるように仕事と向き合っていきたいですね。

キャリアを広げるのは自分次第

ロビンスタッフはいろいろな個性を持ったスタッフの集まりで、野心家や負けず嫌いもいれば、癒し系や天然キャラもいるので毎日がドラマの連続。自立して考えて行動でき、向上心の強い人間なら経験に関係なく活躍できる風土です。

基本的なマニュアルはありますが、仕事への取り組み方は自由ですし、試行錯誤と失敗の連続でこそ成長できると思います。今、私が取り組みたいのは下の世代が働きやすくなるような環境づくりです。今までの自分の経験を活かし、より働きやすいフローをスタッフに発信していけたらと思います。

就職活動の第一歩は「自分がどんなことを大切にして働きたいか」を考える事

「自分がどんなことを大切にして働きたいか」を軸にして会社を選ぶことが大切だと思います。漠然と条件面だけで考えてしまうと、結局何が決め手になって働いているのかわからず、仕事をして行く意義までぼやけてしまっていくのではないでしょうか。

私が会社を選んだときは、人と関わることが好きだから営業職、その中でも家族が好きだから家族の幸せにつながる仕事、自分が共感できて人に寄り添える仕事がいい、と一つずつ理由を明確に深掘りしロビンにたどり着きました。自分の軸や理念を持って働けるような社会人になれるように頑張ってくださいね!