TOP > 人を知る

人を知る

自分が教えてもらったことを、曲げることなく伝えていけたら

岐阜住宅事業部 不動産部門
鈴木 一真

自身をつけるには目の前の出来ることを確実にクリアしていくこと

2014年に入社した私も、早いもので社会人6年目となりました。
徐々にできることの領域も広くなり、気づきも増えてきた気がします。

最初は規模の小さな仕事をとにかくこなしていきました。そうして仕事をこなしていく中で知識をつけ自分の引出を広げていく、知識と経験をつけていくことで自信を持ってお客様との関係性を築いていけるようになったと思います。

大きく成長できたきっかけは部門の移動

特に自分が大きく成長できたきっかけは、リフォーム部門である住宅アドバイザーから不動産部門の営業に移動になったこと。全く何も分からない状態で不動産業界に飛び込んだので、身につけなくてはいけない事だらけの毎日で正直つらい事もありました。

それでも前向きに取り組んでこれたのは、上司や先輩、同期などのメンバーに恵まれたから。そうしてひとつひとつの知識や経験を積み上げ、ロビンの岐阜住宅事業部の不動産部門の立ち上げに関われたことは自分の中で大きな財産となっています。

お互い支え合っていけるのがRobinの魅力

Robinが自慢できることのひとつは、成長をフォローしてくれる先輩や上司がたくさんいる事です。さりげなく部下の行動を見て明確な目標を設定してくれる、実力を認め信じて仕事を任せてくれる、適切なフィードバックがある…など。仕事の事に限らず、上司や先輩から教わってきたことやお世話になったことは挙げればキリがありません。

自分もそのような上司を目指し、自分個人の数字目標の達成だけではなく部門としての売上を担っていきたいと考えていますし、自分以外のことも視野にいれつつ周りの事も考えられるように成長を続けていきたいという気持ちでいます。

選考はかしこまることのない、リラックスして参加できる場所

これは私自身がRobinの選考を受け、入社して改めて実感したことでもありますが、Robinの選考活動には、会社の雰囲気が存分に出ているように感じます。
みんなで遊びにいったり、飲みにいったり。
かといってノリだけの緩い会社ではありません。
適度な緊張感の中にあるメリハリや楽しさはRobinの魅力だと思いますね。

学生の方にもよく言われますが、Robinの選考は「かしこまることのない、リラックスして参加できる場所」

面接は、自分自身だって緊張してしまうものですし、張り詰めた空気の中では、普段の学生の方を知ることできません。
お互いがありのままでいられたらと思いますので、なるべく和やかに進められるようにしています。

もしも選考でお会いできたら、そんなRobinの空気感を知ってもらえるとうれしいですね。