リフォーム・増改築・岐阜|リフォーム・増改築を岐阜でするならロビン(Robin)

代表蜘手のマンスリーメッセージ

2015/07/27

CEO’s mail:15.07

今年も暑い夏がやってきました。暑さに負けず元気一杯に遊びも仕事も頑張ろうと思います。
Robin の蜘手です。いつも有難うございます。 さて弊社では7月25日、26日に夏の風物詩となりました、若狭海水浴ツアーへ行ってきました。
今回も子育て世代のお客様と Robin スタッフの総勢で約60名の大グループでの開催でした。行き先 は福井県若狭の水晶浜。当日は猛暑日と重なり皆さん、真っ赤に日焼けをしましたが、事故や怪我も なく楽しい2日間を過ごすことができました。
ご参加いただいた方、有難うございました。また来年も楽しみにしていてくださいね。
この海水浴ツアーは今年で7回目となりました。元々は「家族で海に行くというのも大変だし、う ちの会社で企画してみては?」と思ったことがきっかけでした。夏の楽しい思い出作りにご協力でき ればという意味と、私たちも目一杯、楽しもう!という思いが詰まっている企画です。
「毎年この海の企画が楽しみです」と毎回参加されているご家族もおられます。またこのツアーで はたくさんのお子さんと参加されます。1年振りに会う子供たちのその成長に驚きます。
よちよち歩きだった子が走りまわり、可愛い幼稚園児がしっかりとした小学校高学年となっていま す。また加えて新しい家族、小さな命が参加されることもあります。今回もベビーが何人か参加して くれました。自らを振り返り、また心より嬉しく思いました。
もっとも、子供の成長を感じると共に、毎年体力が失われている自分にも気づくのですが、、、。
私はここ数年、営業から離れたこともあり、海水浴でしか会うことのないお客様もおられます。カ ウンセリングやセミナーもほぼ社員がやってくれています。社員の成長と組織化に伴い、私がお客様 と会ってお話をする機会が激減をしました。このツアー参加者の方は古いお客様(?)というか私が 営業や現場に顔をだしていた時のお客様もおられ、その時をとても懐かしく思います。また社員の対 応について嬉しい声や苦言を頂く時もあります。その全てが学びであり私たちの成長だと思うとそれ もまた貴重な機会なのだと感謝するばかりです。
お客様と共に、という企画でいうと今年は高山本店で「くらしの学校」という体験型のイベントを 定期開催しております。子供たちと一緒に2坪の小さい家を工程ごとに分けて組み立てていく、とい う作業をプロである私たちと体験するイベントです。これがお陰様で大好評。第3回目となる壁はり や工具を使ってのイベントには大人も含め50名以上が参加されました。
「家の構造がこうなっているとは知らなかった」「継続して参加したい」 「いつも積極的ではない息子が笑顔で嬉しそうに取り組んでくれた」 そんな親御さんの嬉しい声も頂いております。子供たちの良い思い出になってくれれば、という思いを感じると共に継続することの重責を感じています。
さて企業とはその地域で何ができるでしょうか。そんなことをいつも考えています。
先日も岩手で中学校2年生の男子生徒が自ら命を絶つという事件がありました。私も長男も中学校3年生ですから事件は他人事ではありません。被害者になりたくないとい思い。それ以上に加害者にもなってほしくないという親としての気持ち。
学校やご家庭では学べない機会を提供することも私たちの仕事ではないかと思うのです。それは子供だけのことではなく、先の海水浴ツアーでもそうですが、参加している親同士の交流も生まれています。複雑化する社会の中で私たちがしなくていけないこと。そして企業としてだけではなく、社会 の一員としてのできることはないだろうか。そんなことを思う今日この頃です。

株式会社ロビン 代表取締役 蜘手健介

↑トップへ戻る