クリスマスに夢を見る

今日はクリスマス。ということで昨年ですが書いたコラムがありますので転載します

Robinの蜘手です。

クリスマスに夢を見る

「本当にサンタクロースはいるの?」

小学校4年生の長女が心配そうな顔で私に聞いた。サンタクロースの正体を知っている中学校1年生の長男は横で苦笑いをしていた。

「どうして?サンタクロースはいるよ」と私は答えた。

「じゃ、プレゼントのお願いした紙を誰にも見せなくても大丈夫だよね?」と娘はいう。

どうやら学校で友人の誰かが、サンタクロースの正体は親ではないか、と言っている子がいるらしい。

話を聞いているうちに、娘もサンタクロースって実際にいないのでは、、、と思いはじめたのだろう。

クリスマスの夜も当然、家に鍵がかかっているし、自宅には煙突がない。それなのにプレゼントがクリスマスの朝にはベッドの脇にある大きな靴下の中に入っているのだ。
それも自分が欲しい!と願っていた思っていたそのプレゼントが!

現実に考えれば、親がサンタクロースを招き入れているか誰かが不法侵入をしているかだろう。
そんな娘がこんな風に宣言をした。
「今年はサンタさんへのお願いした手紙を誰にも見せないから」

今年は本当にサンタクロースがいるかどうかを試すという。本当にいるのならサンタさんは何をお願いしたか分かるはずだと言うのだ。

これは弱ったものだ。何をお願いしたかわからないのだから、私はプレゼントを買うことができない。

「きっとサンタクロースも忙しかったのだろうね」と全く違うものを用意するか。いっそのことサンタクロースの正体を明かすべきか。

結局は娘と色々と話をしているうちに何をお願いしたかを直前になって教えてくれた。

その様を見ていた長男は苦笑である。「親も色々と大変だね」とそんな顔をしていた。そう親は大変なのだ。分かってくれるか?

サンタクロースはいる

私は子供の時、どんなクリスマスを過ごしたのだろうかと考えた。サンタクロースはいると思っていたのか、いつどうやってその正体を知ったのだろうか。

クリスマスはやはり特別だ。

街のイルミネーションが装いを変え、テレビや音楽も一色に染まる。

飛騨高山では雪がしんしんと降り積もり辺りが一瞬に銀世界になる。
赤と白で身をまとったサンタ クロースが私たちが寝ている間にプレゼントを枕元に置いていってくれるなんて、想像するだけでワクワクする。

「私たちは幸せになるために生きている」

実際にいるかいないかなど問題ではない。一夜であってもそ のような夢を見ることができるのがクリスマスだ。いつか子供たちもサンタクロースの存在がリアルではないことを知るだろう。

しかしそれでもサンタクロースはいる、と信じた方が幸せに生きることができればそう信じることの方が素晴らしい。私たちは夢を見ているだけでは生きることはできないことも知っている。

それでも夢を見てそれがいつか実現することに心を傾けることができるのであればそれは羨ましい生き方ではないか。

現実を見ることも重要だ。しかし夢がない人生は辛い。夢を見て生きていたいと思うし子供たちにも夢をみて素晴らしき人生を歩んでほしいと願う。

娘には今年はサンタクロースの正体を明かさないようにした。いつかわかる日がくればそれでいい。

クリスマスの朝、大きな声で喜ぶ姿。サンタさん、有り難う!と空に向かって喜ぶ様。私にとってそれを見ることができるのがクリスマスプレゼントである。

皆さんも素敵な夜を。


大阪にて

明日からまた大きな寒波が来るようですね。準備をして備えたいと思います。

Robinの蜘手です。

今週はJackグループでの勉強会、シクミ研究会関連と月曜日から出張が続いております

大阪にてシクミ研究会Aグループ、名古屋へ戻って地域密着企業研究会、神戸へ移動してすみれ建築の高橋さんらと忘年会。昨日は博多にてJackグループ九州ブロックの勉強会。そして今日はまた大阪。来週も同じく出張が続きます。

疲れはないのですが新幹線の移動が多いせいか、お尻が痛い、、、そんな今日は大阪のカフェにて仕事をしています。

なんだかんだと今日は12日。今年も残りわずかとなり年越しの準備も始まっているのでしょうか。

「月のどのくらい出張されているのですか?」と聞かれることが多くありますが、出張しているイメージがあるだけでそれほど多くはないと思っているのですが、12月は何かと忘年会と重なりホテル宿になることも多くなります。

ゆっくりできる日もあれば、0時にチェックインして7時にチェックアウトする日もありますが、ホテルもさまざまです。私は仕事をすることが多く荷物をバラしますので少し広めが好み。できればベッドも大きい方が疲れが残りにくいですね。

安いビジネスホテルはできるだけ避けたいと思っています。別に安宿が嫌なわけではありません。理由は音。同じ部屋でもこんなに聞こえないぞ、と思うくらい隣の音が聞こえるホテルが多くあります。

気にしない人がいいのでしょうけど、私は無理。最悪なのは隣のモーニングコールで起きる時。

おいおいという感じです。

出張族になればなるほど、コストの問題でお値打ちなホテルをチョイスしがちですが、出張が多いからこそ疲れの残らないホテルをおすすめします。事前に予約を早めにいれればコストパフォーマンスのよいホテルもとれますよ!大阪でおすすめなのは阪急インターナショナルです

さて今日も頑張ってきます


この国のかたち

今朝の高山市は雪模様。こちらの地方は雪が降り始めると一気に年末に突入気分になります。しかし最近、めっきり寒さを感じるようになってきました。

Robinの蜘手です。

今年は12月に入ってから忘年会が続いています。昨日は高山店にて職人さん、業者さん、社員にて旅行積み立てをしているロビン高山会の親睦会でした。2年に一度のペースで旅行へ行っているのですが来年はその旅行のある年で、幹事さんもいろいろと頭を悩ませるところだと思います。ご苦労をおかけしますが会長の滝平さん宜しくお願いします

さて、衆議院総選挙は2日に公示されました。いよいよ選挙戦が始まりました。今回の選挙は「大義なし」と言われていますが、確かに若者からは支持されにくい選挙のような気はします。投票に行くというハードルとどの党が良いかというのに迷うかなと感じています。

私も投票は政策で選ぶという姿勢でした。しかしその政策も結局、守られないことも多く荒唐無稽のマニュフェストにはこりごりですから、いかにも選挙対策の政策を並べられるとかえって、「アホちゃう」と思ってしまいます。できないことを言ってもいいのであれば子供でもできます。

関西の方では維新の会が盛り上がっているのでしょうか。中部にいる私たちにはわからない空気かもしれません。こんなこと言うと不謹慎ですが、「誰がやっても変わらない」と思っている若者は多いでしょうね

「政治ねえ、、、」と思っていた先日、若松監督の「11・25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」という映画をみました。

1970年11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現防衛庁)にて演説をし割腹自殺を遂げた三島由紀夫と森田必勝のそれに至る、盾の会や若者たちを描いた作品です。

セリフが小さくてこもっているので聞き取りにくい箇所も多かったのですが、大筋の流れはよくわかりました。東大紛争など時代の背景も違いますがあれほど若者たちが自らの命にかえてまでと思いつめる緊迫感も伝わってきました。

今の時代とは比べものにもならないものだったのだろうと感じます。

この国の形はどうなってゆくのか、三島由紀夫は今の日本をどう感じるかな、、、と考えさせられる作品でした。


業務改革会議、忘年会からの設計研修会

今朝の名古屋は日差しは気持ちいいですが、肌寒い日ですね。昨日は全体会議である業務改革会議を名古屋にて開催からの忘年会で帰って寝たのは3時でした、、、

15年4月に入社をする3名も参加してくれました。先輩からは「残りの学生生活はしっかり遊んでください!」というアドバイスがありましたが、楽しい学生生活を満喫してほしいと思います

Robinの蜘手です。

いやー、昨日は久しぶりに夜更かししました。やはり〆のカレーうどんは美味しかったのですが、今朝はもたれていました。中年ですから、無理をしてはいけませんね、笑。でも社員との語らいは楽しいですね。普段見ることのできない顔を見ることも楽しいですが、「現場の実感」を感じることができることが一番です

嬉しかったこと、悔しかったこと。成果の出たことや、まだまだなところ。

それぞれ全ての社員と話しをすることはできませんが、その場にいて感じることはたくさんありました。今月は岐阜2店舗の達成会と14年生の慰労会もありますので楽しみにしています

さて今日は午後から名古屋店にて設計研修会を開催しています。

私たちRobinDESIGNは設計集団として、住宅設計について日頃から研鑽しています。外部から松本先生を招聘し、軸組や建具、構造や木造住宅のなんぞやという部分の外部研修。

またお客様向けに9月から開始した「住まいの設計講座」も大好評です。12月に4講座が開催されますがどのタイミングで参加されていも大変、参考になる講座です。予約制で上限4組までなので早めの予約をおすすめします。12月は4組となりましたので、キャンセル待ちとなっています。ご容赦ください

594

 

 

 

(設計研修会のテキスト)

今日はそんなうちの設計陣は日頃やっている設計講座や設計についての研修をしています。今回は外部より7名の参加にて、みなさん真剣ですが、プレゼンの手法など成長も早いですね。

来年はもっとハードになりますのでみなさん、ちゃんとついてきてくださいね!

宮本先生、頑張ってー!


いよいよ、師走です

今日から師走です。今年も残り1ヶ月。早いですね

Robinの蜘手です。

少年老い易く学成り難し
一寸の光陰軽んずべからず
未だ覚めず池塘春草の夢
階前の梧葉已に秋声

先日、新潟にて友人である大建建設 高橋社長の結婚式に招かれ、参加をしてきました。乾杯をさせていただいたのですが、デブ化したせいかスーツがきつくてきつくて、、。ともあれ高橋社長のご結婚式はとても華やかで幸せな気分となりました。たぶん彼も40歳くらいだと思いますが、しっかりとした立場になってからの式もいいね、と友人同士で話題になった次第です。

高橋社長、おめでとうございました!

224 221

 

 

 

 

私も来年は43歳。創業当時は若社長!とよばれたのですが最近は誰も若いね!と声をかけてくれる方もおられなくなりました。

むしろ最近は私よりずっと若い経営者に会う機会の方が増えました。典型的な体育会系の私からすると人生の先輩は尊敬に値することは当然なのですが、私より年下の経営者から学ぶことも増えていました。というか、ものすごく多くあります。

年はとっていきますが、いつでも素直に受け入れる気持ちは持ち続けたいと思います。

さて12月。よい締めくくりになるように精進したいと思います。